CBI学会の活動に関した参考文献


0. 生物学の基礎

Brown, T. A. “Genomes”, Bios
Graur, D., et al. “Fundamentals of Molecular Evolution 2nd ed“, Sinauer
Korf, B, R. “Human Genetics: A Problembased Approach, 2nd ed “ , Blackwell
Lewin, B. “Genes VII” , Oxford U. P.
Mange, E. J.,et al. “Basic Human Genetics. 2nd.ed” , Sinauer

1. 分子計算

Fersht, A. “Structure and Mechanism in Protein Science: A Guiedeto Enzyme Catalysis and Protein Folding” , Freeman
Hinchliffe A. “Modelling Mollecular Structures. 2nd ed” , Wiley
菊池修「基礎量子化学」朝倉書店

 

2. 分子構造解析

・ 平山令明「生命科学のための結晶解析入門」丸善株式会社
・ 平山令明「化学、薬学のためのX線解析入門」丸善株式会社
・ 平山令明「分子レベルで見た薬の働き」講談社ブルーバックス
・ 本間善夫・川端潤「パソコンで見る動く分子事典」講談社ブルーバックス
・ 勝部幸輝・竹中章郎・福山恵一・松原央(監訳) 「タンパク質の構造入門」ニュートンプレス
・ ペルツ,MF.(マックスF)著/黒田玲子 「タンパク質 立体構造と医療への応用」
・ ヘルツェ,H.D.&フォルカース,G.(著)/江崎俊之(訳)「分子モデリング-基本原理と創薬への応用」 地人書館

3. 生体作用の分子認識、QSAR

・ 平山令明「分子レベルで見た体の働き」講談社ブルーバックス
木曽、桜井共訳「コンピュータ支援によるドラッグデザイン」広川書店
長瀬博監訳)「最新創薬化学」(上・下)テクノミック

4. 分子生物学における情報計算技術

・ 金久 實( 著)「ゲノム情報への招待」  (1996) 共立出版 
・ 美宅成樹・金久實「ヒトゲノム計画と知識情報処理」培風館 
小長谷明彦「遺伝子とコンピュータ:生命の設計図をひもとく」 (情報フロンティアシリーズ 23)共立出版
Setubal, J.C.& Meianis, J.(著)/五條堀孝(監訳)「 分子生物学のためのバイオインフォマティクス入門」共立出版 
Baldi, P & Brunak, S. "Bioinformatics - the machine learning approach -" (1998) MIT Press. 
A.D. Baxevanis, B.F. Francis Ouellette (Edt)  "Bioinformatics",  Wiley Interscience (1998)
M.J. Bishop (Edt)  "Genetics Databases"  Academic Press (1999)
M. & Devereux, J. eds. "Sequence Analysis Primer" Gribskov, (1991) Stockton Press. 
Doolittle, R.F. ed., "Methods in Enzymology" , Vol.183 (1990) Academic Press. 
Doolittle, R.F. ed., "Methods in Enzymology" , Vol.266 (1996) Academic Press. 
Durbin, R., Eddy, S., Krough, A., & Mitchison, G. "Biological Sequence Analysis - probabilistic models of proteins and nucleic acids -" (1998) Cambrdge University Press. ISBN:0521629713
・  Ewens,W.J . & Grant,G.R. "Statistical Methods in Bioinformatics, An Introduction" (2001) Springer, NY
・  Percus,J. K.  "Mathematics of Genome Analysis", Cambridge Univesity Press (2002). 
. Pevzner,P.A. "Computational Molecular Biology - An algorithmic approach"The MIT press (2000) 
  Letovsky, Stanley (Edt)  "Bioinformatics : Databases and Systems" , KluwerAcademic Pub.
・  Waterman, M.S. "Introduction to Computational Biology"  (1995) Chapam & Hall. 
・ 「ゲノム情報生物学」中山書店

5. 医薬品開発と毒性研究支援システム

・  野口照久・石井威望(監修)、 辻本豪三・田中利男(編集) 「21世紀の創薬科学」(1999)共立出版
・ 杉山雄一(編集)「医薬品開発における薬物動態研究」(1998) 薬業時報社
・ 杉山雄一(編)「薬物バイオアベイラビリティ評価と改善の科学:より良き医薬品開発のために」(1998) 現代医療社 pp.155-186  
・長尾拓・成宮周・加藤隆一・宮本英七(編集)「最先端創薬:戦略的アプローチと先端的医薬品」 蛋白質 核酸 酵素 増刊 45 No 6(2000)
・ 中村裕輔・浅野茂隆・新井賢一(編集)「ゲノム医科学とこれからのゲノム医療」 実験医学 増刊 18 No 12(2000)
・ Wermuth,C.G.(編集)/長瀬博(監訳)「最新 創薬化学:探索研究から開発まで」(上・下)(1999) テクノミック
・ 中村裕輔(編集)/松原謙一・榊 佳之(監修)「SNP 遺伝子多型の戦略:ゲノムの多様性と21世紀のオーダーメイド医療」(2000) 中山書店
・ HSレポートNo.31調査報告書「ゲノム創薬−現状と展望−」 ヒューマンサイエンス振興財団(1999)
・ HSレポートNo.33調査報告書「ファーマコゲノミクス−臨床応用への展開−」(2000) ヒューマンサイエンス振興財団
・ HSレポートNo.34調査報告書「ゲノム医療への展望−ファーマコプロテオミクスに向けて−」(2001) ヒューマンサイエンス振興財団

6. 実験的なスクリーニングデータの解析

コンビナトリアルケミストリー研究会 編 「コンビナトリアルケミストリー入門から応用まで」化学同人
・ 「遺伝子医学」(Vol.4No.1, 2000)メディカルドゥ

7. 新しい技術:高次WWW応用技術など

・ 生田 茂・松尾 篤・山口哲郎(著)「化学のためのインターネット活用法」講談社
・ 神沼二眞・中野達也 共著「生命科学とインターネット」オーム社出版局
・ 辻本豪三・田中利男(編集) 「ゲノム機能研究プロトコール」(2000)羊土社
辻本豪三・田中利男編)「ゲノム研究プロトコール」(実験医学別冊、ポストゲノム時代の実験講座 1)羊土社

8. その他

磯辺俊明・高橋信弘編)「プロテオーム研究プロトコール」(2000) 羊土社
マッカーリ、サイモン(著)/千原英昭、江口太郎、齋藤一弥訳)「物理化学」(上、下)東京化学同人
・ 松原謙一(編)「ゲノム機能−発現プロファイルとトランスクリプトーム」中山書店
「最先端創薬ー戦略的アプローチと先端的医薬品」(蛋白質核酸酵素、20004月増刊、vol.45No.6)共立出版
・ 村松正明・那波宏之監修)「DNAマイクロアレイと最新PCR法」(2000) 秀潤社
中村春木・中井謙太 「バイオテクノロジーのためのコンピュータ入門」(1995) コロナ社
・ 中村祐輔(編)「SNP遺伝子多型の戦略」中山書店
・ 辻本豪三・田中利男
編)「ゲノム機能研究プロトコール」(2000) 羊土社
M.R. Wilkins, et al. (Edt) "Proteome Research: New Frontiers in Functional Genomics" Springer (1997)
・ 「遺伝子医学」Vol4, No. 2, (2000)メディカルドゥ