「CBI研究会を基盤にした創薬研究戦略」

 12月11日のPetsko教授のCombinatory Chemistryによるドラッグ・デザイン戦略は 、私共にもたいへん興味深いものでした。CBIとしても、懸案であった広域の共同研 究実験の基盤となるインターネットの大阪の接続拠点づくりが進んでいますので、こ のあたりで、CBIをベースとした創薬研究へのアプローチを構想する時が来たと考え ます。そうしたワークショップシリーズの第1弾として、創薬の基盤となる分子デー タベースについての講演と討論を企画しました。

日時:
1996年1月18日(木)13時30分〜17時30分
場所:
日本科学技術情報センター(JICST)本部地下1階ホール
東京都千代田区四番町5番地3          
世話人:
川上善之(エーザイ(株))
演題:
1. 13:30 - 14:15
    「 薬剤構造データベース」
        講師:平山令明(東海大学)
   
2. 14:15 - 15:00
    「データベース・ヒューマンインターフェース技術による支援方策 の研究─統合型物質データベースの開発─」
        講師:志村和樹(日本科学技術情報センター)
   
3. 15:15 - 16:00
    「生体影響データベース」
        講師:五十嵐貴子、神沼二真(国立衛生試験所)
討論:
16:00 - 17:30
    CBIをベースにした創薬研究戦略

講演会参加資格:
CBI 研究会個人会員・法人会員の方、非営利研究機関の 研究者の方は、どなたでも参加できます。法人会員以外 の法人からの参加希望者は事前に必ず事務局に連絡して ください。
連絡先:
CBI 研究会事務局
〒141 東京都品川区北品川 5-3-20 第2エーエスビル 3F
Tel. 03-5421-3598
Fax. 03-5421-7085
E-mail: cbistaff@cbi.or.jp