「創薬と転写因子 その1」

 遺伝子研究は、特にこの10年の間に飛躍的に進歩し、DNA側の転写制御要素(プロ モーターやエンハンサー)とそれに相互作用する蛋白性の因子群(広義の転写因子) の解析が進みつつあり、これらの解析を通して、癌化も含めて疾病の理解と医学への 応用へと広がりつつあります。そこで、創薬のターゲットとして転写因子を考え、『 創薬と転写因子』を研究講演会のテーマとしました。ただ講演会としては、その周辺 も含めた広い視野からアプローチしたいと考えています。
 今回は、計算からタンパク質の性質を研究されている斎藤先生にDNAとタンパク質 の結合までも含めた最近の進歩についてを、横山先生にRasタンパク質の動的な側面 からその構造とシグナル伝達機構をテーマとしてご講演をお願いいたしました。  また、このテーマで数回の講演会を企画中です。ぜひ、興味のある方の積極的なご 参加を期待しております。

日時:
1996年7月23日(火)  13時30分〜17時00分
場所:
ソニーテクトロニクス(株) 2階講堂 (地図参照)
(JR 山の手線大崎駅下車、徒歩6分)  
東京都品川区北品川 5-9-31
世話人:
多田幸雄(大鵬薬品工業(株))、川上善之(エーザイ(株))
演題:
1. 13:30〜14:40
「計算機実験によるタンパク質機能の解明」
講師: 斎藤 稔(新情報処理開発機構 筑波研究センター)
2. 14:50〜16:20
「Rasタンパク質のシグナル伝達機構」
講師: 横山茂之 (東京大学)   
夏の総会、懇親会:
16:30〜18:00
春には暫定的方針を示すにとどまりましたが、今回は詳細な事業 計画を事務局より提案させていただきます。

講演会参加資格:
CBI 研究会個人会員・法人会員の方、非営利研究機関の 研究者の方は、どなたでも参加できます。法人会員以外の法人か らの参加希望者は一人3000円の参加費が必要です。事前に必ず事 務局に連絡して御参加ください。
連絡先:
CBI 研究会事務局
〒141 東京都品川区北品川 5-3-20 第2エーエスビル 3F
Tel. 03-5421-3598
Fax. 03-5421-7085
E-mail: cbistaff@cbi.or.jp