「タンパク質のフォールディングと立体構造パターン」

 タンパク質の立体構造構築原理を解明するための研究が、実験的にも理論的にも急 速な勢いで進められています。今回は、理論的な面からこの研究を世界的にリードし ておられるお二人に、この分野の最近の進歩についてお話しいただきます。
 Dr.Chothiaは、長年タンパク質の進化について構造的な面から研究をされており、 特にタンパク質の立体構造パターンが有限であり1000タイプ位ではないかと最初に予 想した(Nature 357,543-544,1992)ことで有名であり、Dr.Wolynesは、タンパク質の フォールディング経路についての理論的な研究の専門家で、昨年Funnel(漏斗)説を 提唱されて(Science 267,1619-1620,1995)おります。
 二人は、12月10日、11日に京都で開かれる「タンパク質立体構造の構築原理」ワー クショップに招待講演者として来日されますのでこの機に、東京でCBI研究会の講演 をお願いしました。この件を了解して下さった同ワークショップの京都大学郷信広、 森島績両教授にお礼申し上げます。

日時: 
1996年12月9日(月)13:00−16:00
場所: 
日本化学会 化学会館6階
東京都千代田区神田駿河台1-5 (JRお茶の水駅西口下車、徒歩3分)
世話人:
八尾 徹 (三菱化学(株))、中田琴子(国立衛生試験所)
演題:
1.13:15〜14:30
「タンパク質フォールディングのエネルギー空間」     
講師:P. Wolynes博士(イリノイ大学教授)
休憩
2.14:45〜16:00
「タンパク質立体構造のレパートリー」(仮題)     
講師:C. Chothia博士(英国MRC) 

講演会参加資格:
CBI 研究会個人会員・法人会員の方、非営利研究機関の 研究者の方は、どなたでも参加できます。法人会員以外の法人か らの参加希望者は一人3000円の参加費が必要です。事前に必ず事 務局に連絡して御参加ください。
連絡先:
CBI 研究会事務局
〒141 東京都品川区北品川 5-3-20 第2エーエスビル 3F
Tel. 03-5421-3598
Fax. 03-5421-7085
E-mail: cbistaff@cbi.or.jp