「タンパク質・生体分子の理論計算の最近の進歩と応用」

 タンパク質の理論計算で常に世界をリードしておられるUCSFの Peter Kollman 教授から、最近の分子動力学を中心とした解析手法の 進歩とその先駆的な応用事例について、お話をじっく りとお伺いする ことにしました。  前半は、分子動力学法、自由エネルギー計算法およびQM/MM計算法の 最近の進歩を話して頂き、後半はそれらの方法のタンパク質・DNAある いは複合体の解析への応用について、溶媒効果を考慮した現実的な事例 をお話し頂きます。

日時: 
1997年2月21日(金)13:00−16:00
場所: 
ソニーテクトロニクス 2階講堂
東京都品川区北品川5-9-31 (JR山の手線大崎駅下車、徒歩6分)
世話人:
八尾 徹 (三菱化学(株))、古明地勇人(工業技術院電子技術総 合研究所)
演題:
1.13:00〜14:15
Recent Developments in Molecular Dynamics, Free Energy Calculations and QM/MM Methodologies for Systems of Organic and Biochemical Interest (1)                 −Methodologies
講師:Peter Kollman教授 (Dept. of Pharm. Chem. UCSF)
休憩
2.14:30〜16:00
Recent Developments in Molecular Dynamics, Free Energy Calculations and QM/MM Methodologies for Systems of Organic and Biochemical Interest (2)                 −Applications

講演会参加資格:
CBI 研究会個人会員・法人会員の方、非営利研究機関の 研究者の方は、どなたでも参加できます。法人会員以外の法人か らの参加希望者は一人3000円の参加費が必要です。事前に必ず事 務局に連絡して御参加ください。
連絡先:
CBI 研究会事務局
〒141 東京都品川区北品川 5-3-20 第2エーエスビル 3F
Tel. 03-5421-3598
Fax. 03-5421-7085
E-mail: cbistaff@cbi.or.jp