「医薬分子設計の新展開」

(共催 Molecular Simulations Inc.)
 昨年より、最先端の研究をしている海外の研究者を招聘した講演会を 企画することが懸案となっていたが、今回それを実現することができまし た。この会の目的はrational drug designの最先端を知ることであります。 まず、Underwood博士には、メルク社でのリード化合物の探索の新しい 方法とレセプターモデリングについて、Parge博士にアグロン社における タンパク質のX線結晶解析とそれに基く医薬開発の実際例を紹介しても らいます。その後、板井博士からコンピュータを用いた医薬分子設計の 最近の状況と今後の展望について話していただきます。最後に、欧米の この分野の動向について、とくにコンビナトリアルケミストリーやHTS(High Throughput Screening)についてKahn博士に話していただきます。 質疑応答の時間も充分とっていますので、多くの方が参加され活発な議 論がなされることを期待しております。

日時: 
1998年05月18日(月)
世話人:
八尾 徹(三菱化学)、多田幸雄(大鵬薬品)、川上善之(エーザイ)
演題:
1.10:30-11:50
  「Lead Discovery & Development in the Pharmaceutical Industry」
  講師: Dr. D. Underwood (Merck Research Lab.)
2.13:00-14:20
  「Human Calcianeurin at 21Åresolution: Insights into Regulation and Drug Design」
  講師: Dr. H. Parge (Agouron Pharmaceuticals. Inc.)
3.14:30-15:50
  「論理的医薬分子設計の未来」
  講師: 板井昭子(分子設計研究所)(MSI)
休憩
4. 16:00-17:20
  「Recent Movements on the Drug Design in USA and Europe」
  講師: Dr. S. Kahn (Molecular Simulations Inc.)
講演会終了後に情報交換を兼ねた飲み物だけの懇親会を予定してい ます。無料ですので奮ってご参加ください。
講演会参加資格:
CBI 研究会個人会員・法人会員の方、非営利研究機関の 研究者の方は、どなたでも参加できます。法人会員以外の法人か らの参加希望者で資料が必要な方は2000円をご用意願います。事前に必ず事務局に連絡して御参加ください。
連絡先:
CBI 研究会事務局
〒158 東京都世田谷区用賀4-3-16 イイダビル301
Tel. 03-5491-5423
Fax. 03-5491-5462
E-mail: cbistaff@cbi.or.jp