「MOE: The Molecular Operating Environment」

---計算化学のためのソフトウェア実行環境と 開発環境を一体化させた新しいコンセプトの概要とその応用----

 現在種々の分子設計支援のためのソフトウェアが使われている。 CBI研究会の黎明期には多くのそうしたソフトウェアはFORTRANで 書かれ、ソースコードも公開されていた。従って、私たちはそのソフ トウェアのアルゴリズムを解析することができたし、実力があれば自 分の問題に応じた変更を行なうこともできた。また時には、先進グ ループによるエレガントなコーディングに芸術的なセンスの輝きさえ、 感じることができた。しかし、近年ソフトウェアの一般化と商品化が 急速に進む中で、ソフトウェアのブラックボックス化が加速されて 来た。それは一方でコンピュータの性能の飛躍的発展と相俟って、 私たちを一切の煩わしさから開放したように見えるが、他方では私 たちのイマジネーションに少なからず重りを付けて来たように思え る。ソフトウェアの機能の範囲の中に、問題を無理に当てはめよう としている自分に気が付くことがないだろうか。そして、そうしたこと はこの種の仕事につきまとう不可避的なことと考えたことはないだ ろか。今回の研究会では、このような問題を解決する上で重要な 一つの提案を取り上げる。

関連する web page は更新されていますので、ご覧ください。
http://www.rsi.co.jp/kagaku/cs/CCG_Home/ccg_home.html

日時: 
1998年06月19日(金) 13:30 〜 16:10
場所: 
化学会館 6F 大会議室
 東京都千代田区神田駿河台1-5
 (JRお茶の水駅下車、徒歩4分)
世話人:
平山令明(東海大学開発工学部)
演題:
1.13:30〜14:10
  「統合計算化学システムMOEの概要」
  講師: 後藤 純一 ((株)菱化システム)
2.14:10〜14:50
  「Scientific Vector Language」
  講師: Paul Labute (Chemical Computing Group Inc.)
3.15:00〜15:40
  「Non-Enumerative Combinatorial Library Design」
  講師: Paul Labute (Chemical Computing Group Inc.)
4. 15:40 - 16:10
  「Binary QSAR」
  講師: Paul Labute (Chemical Computing Group Inc.)

 講演終了後に情報交換を兼ねた飲み物だけの懇親会を予定しています。 無料ですので奮ってご参加ください。


講演会参加資格:
CBI 研究会個人会員・法人会員の方、非営利研究機関の 研究者の方は、どなたでも参加できます。法人会員以外の法人か らの参加希望者は一人3,000円の参加費が必要です。事前に必ず事務局に連絡して御参加ください。
連絡先:
CBI 研究会事務局
〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-3-16 イイダビル301
Tel. 03-5491-5423
Fax. 03-5491-5462
E-mail: cbistaff@cbi.or.jp