「ジェノミック技術のインパクトを探る−その2」

 先の講演会に引き続き、ゲノム解析の成果と関連するジェノミック技術のイ ンパクトについて具体的に検討することをテーマとしています。舘田講師には 集団遺伝学の立場から遺伝的なバリエーション、SNP解析の方法と意義などに ついてチュートリアルな話をして戴きます。水口講師にはタンパク質データ ベースと構造モデリングの最先端の話題を提供して戴きます。堀江講師には、 医薬品開発におけるP-450の重要性を企業の研究戦略の立場から具体的に話し て戴きます。この講演と関連し、ゲノムからの薬物代謝酵素に関連したプロ ジェクトの提案を事務局より行います。奮ってご参加ください。

日時:
1999年8月24日(火) 13:15-17:30
場所:
(財)日本化学会化学会館 5 階大会議室
東京都千代田区神田駿河台1-5(JRお茶の水駅下車、徒歩4分)
世話人:
多田幸雄(大鵬薬品工業)、中田琴子(国立医薬品食品衛生研究所)
演題:
1.13:15−14:45
「集団遺伝学とゲノム解析」
舘田 英典(九州大学大学院理学研究科生物科学専攻)
2.15:00−16:00
"Structural databases of protein families and their use in fold recognition and comparative modelling"
水口 賢司(ケンブリッジ大学)
3.16:10−17:10
「医薬品開発現場におけるP-450を考慮した研究戦略」
堀江 透(ディ・スリー研究所、前エーザイ株式会社臨床研究センター)
4.17:10-
*ゲノムからの薬物代謝酵素に関連したプロジェクトの提案
神沼 二眞(国立医薬品食品衛生研究所)

講演会参加資格:
CBI研究会個人会員、法人会員の方、非営利研究機関研究者 の方はどなたでも参加できます。資料代を頂く場合もあります。 法人会員以外の法人からの参加希望者は一人3000円の参加費が 必要です。事前に必ず事務局に連絡して御参加ください。

連絡先:
CBI研究会事務局
〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-3-16 イイダビル301号室
Tel:03-5491-5423
Fax:03-5491-5462
E-mail: cbistaff@cbi.or.jp