「ジェノミック技術のインパクトを探る−その3」

 先の2回の講演会に引き続き、タンパク質のモデリングでよく知られている 松尾講師には、関心の高まっているモデル構築とSNPデータが蓄積される意義 について話して戴きます。ヨーロッパが米国のゲノム戦略に対抗するために設 立した、デンマークのプロテオミックスのセンターにこの夏滞在されていた西 村講師には、当地の事情を含めて、この分野の最先端の話題を提供して戴きま す。また、国際的な競争の中で活躍されていた石川講師には、21世紀の創薬に もとめられるものについて話して戴きます。最後に新しくスタートしたPHII計 画の進歩を報告します。

日時:
1999年9月14日(火) 13:30-17:40
場所:
(財)日本化学会 化学会館 6 階大会議室
東京都千代田区神田駿河台1-5(JRお茶の水駅下車、徒歩4分)
世話人:
堀内 正 (第一製薬(株))、 河合隆利 (エーザイ(株))
演題:
1. 13:30-14:40
「SNPデータの蓄積とタンパク質モデリングへのインパクト」
松尾 洋 ((株)ファルマデザイン)
2. 14:40-15:50
「プロテオミックスの最新の状況」
西村俊秀 (グラクソ・ウェルカム)
3. 16:10-17:10
「21世紀の創薬にもとめられるもの:Pharmaco- & Toxico-genomics, Drug Transport, Strategic Consotium、Human Resources, etc.」
石川智久 (前テキサス大学M.D. アンダーソン癌センター助教授; 現在ファイザー中央研究所 室長)
4. 17:10-17:40
「ゲノムからの薬物代謝酵素に関連したプロジェクト(PHII)の進展」
神沼 二眞 (国立医薬品食品衛生研究所)

講演会参加資格:
今回は会場の都合により、CBI研究会の会員および入会を検討されている企業 のかたと非営利研究機関に所属のかたに限らせて戴きます。 資料の準備がありますので、会員の方も参加人数を事前に必ず事務局にお知らせ下さい。

連絡先:
CBI研究会事務局
〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-3-16 イイダビル301号室
Tel:03-5491-5423
Fax:03-5491-5462
E-mail: cbistaff@cbi.or.jp