「薬理ゲノミクスの展開」

前回に続くジェノミックス技術のインパクトを探るシリーズとして、今回は 薬理ゲノミクス(ジェノミックス)に関する最新の話題の提供と討論を企画し ました。まず講演として田中講師には動物モデルを用いて治療標的を探求する 事例を、辻本講師には個人の遺伝的バリエーションを考慮した治療への展開に ついて話して戴きます。その後パネル討論形式で中外製薬の永島氏に製薬企業 からのゲノム創薬への取り組みについて、また先にP-450について講演してい ただいた堀江氏より、新しい技術は創薬研究が単に新薬のコンセプトつくりだ けでなく、医薬品の適正使用情報の提供を視野に入れた、市販後の臨床研究に もインパクトを与えるという視点からのコメントをお願いし、最後に総合的な 討論に移る予定です。奮ってご参加ください。

日時:
1999年11月17日(水)13:30-17:30
場所:
中央大学駿河台記念館 670号室 
TEL:03-3292-3111
東京都千代田区神田駿河台 3-11-5
JR中央線 お茶の水駅より徒歩 3分
世話人:
河合 隆利 (エーザイ(株))、 松末 朋和 (持田製薬(株))
演題:
1.  13:30-14:30
「薬理ゲノミクスと創薬ターゲット探索研究」
田中 利男(三重大学医学部 薬理学教室)
2.  14:45-15:45
「薬理ゲノミクスによるテーラーメイド医療」
辻本 豪三(国立小児病院・小児医療研究センター 小児薬理研究部)
3.  16:00-17:30 パネルディスカッション
「薬理ゲノミクスからの創薬研究の進め方」
永島 廉平(中外製薬(株))
田中 利男(三重大学医学部)
辻本 豪三(国立小児病院・小児医療研究センター)
堀江 透(ディ・スリー研究所)

講演会参加資格:
CBI研究会個人会員、法人会員の方、非営利研究機関研究者の方はどなたでも参 加できますが、資料の量が多い場合は500円ないし 1000円程度の資料代を頂く場 合もありますので念のためご用意下さい。 法人会員以外の法人からの参加希望者 は一人 3000円の参加費が必要です。出席を希望される方は事前に必ず事務局に連 絡して御参加ください。

連絡先:
CBI研究会事務局
〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-3-16 イイダビル301号室
Tel:03-5491-5423
Fax:03-5491-5462
E-mail: cbistaff@cbi.or.jp