「マイクロアレーからの大量データの解析手法−2」

本テーマについては、5月10日の開催として第1回を企画したが、予定 された会場のスペースに較べて申し込みが殺到したため、会員以外はお断 りせざるをえなくなった。しかし、本テーマの重要さを考え、広い会場を 確保した上で、多少趣を変えて第2回を急遽開催することとした。第1回 の内容についても、簡単にレビューし、資料なども用意して、これに参加 できなかった方々の便宜を計ることにした。前回に引き続き会員の参加を 期待する。また臨床の研究者の参加も歓迎する。


日時:
2000年05月19日 (金) 13:15-18:00
場所:
日本薬学会 薬学会館 長井記念ホール
東京都渋谷区渋谷2丁目12番15号 TEL: 03-3406-3326
世話人:
河合隆利(エーザイ(株))、一石英一郎 (京都府立医科大学)
演題:
1. 13:15-13:55
「セミナー報告: DNAチップの最近の動向」
講師: 三木敬三郎 (バイオス研究所)
2. 13:55-14:55
「線虫cDNAアレイを用いた遺伝子発現解析からシグナル伝達系構築へ」
講師: 上野直人 (基礎生物学研究所)
休憩
3. 15:10-15:50
「ヘリックス研究所におけるヒトおよびマウス完全長cDNAのチップ化について」
講師: 関直彦 (ヘリックス研究所)
4. 15:50-16:50
「チップからのデータ解析」 (GeneSpringデモ含む)
講師: 近藤孝 (シリコンジェネティクス社)
5. 16:50-17:30
「事例調査: ヒト遺伝子チップの医学応用」
講師: 高井貴子 (国立医薬品食品衛生研究所)
講演会参加資格:
CBI学会個人会員、法人会員の方、非営利研究機関研究者の方はどなたでも参 加できますが、資料の量が多い場合は500円ないし 1000円程度の資料代を頂く場 合もありますので念のためご用意下さい。 法人会員以外の法人からの参加希望者 は一人 3000円の参加費が必要です。出席を希望される方は事前に必ず事務局に連 絡して御参加ください。

連絡先:
CBI学会事務局
〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-3-16 イイダビル301号室
Tel:03-5491-5423
Fax:03-5491-5462
E-mail: cbistaff@cbi.or.jp