「アジアのゲノムとバイオ」

わが国のゲノム研究、医薬品開発、バイオ産業は、欧米との競争と提携だ けでなく、アジアの追い上げをも視野に入れなければならなくなってきた。 CBI学会もこうした問題意識を持って情報の収集をし、研究講演会や年大会 の企画に生かすような努力を始めている。陳 講師には専門とされるバイオ インフォマティックスの研究だけでなく中国のゲノム研究の現状にふれてい ただく予定です。
日本に永く滞在し、東南アジアのバイオへの取り組みを研究されている Triendl講師にはアジアにおけるバイオへの取り組みを紹介してもらいつ つ、欧米との関係、日本の戦略についてもコメントしていただく予定です。 一部の法人賛助会員の声を反映して特別に企画した会ですので、ぜひ法人会 員の関係者は御出席ください。


日時:
2001年03月16日(水)13:15-16:00
場所:
中央大学駿河台記念館 480号室 
TEL:03-3292-3111
東京都千代田区神田駿河台 3-11-5
JR中央線 お茶の水駅より徒歩 3分
世話人:
藤 博幸((株)生物分子工学研究所)
演題:
1.  13:15-14:15
“Genomics in East Asia”
Robert Triendl(Belfer Center for Science and International Affairs, Kennedy School of Government, Harvard University)
2.  14:30-15:30
“Bioinformatics in China”
Runsheng CHEN(中国科学院)

講演会参加資格:
今回は狭い会場しか用意できませんでしたので、会員外の方の参加は人数を 制限させていただきます。また、事前に御登録下さい。

連絡先:
CBI研究会事務局
〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-3-16 イイダビル301号室
Tel:03-5491-5423
Fax:03-5491-5462
E-mail: cbistaff@cbi.or.jp