*** 第208回CBI研究講演会 ***

「創薬につながる構造解析 SBDDの新たな発展への期待」

ゲノムの概要がほぼつかめる状況になり、いよいよその結果 を具体的に使った創薬が始まろうとしている。種々の方法論が 開発される中、厳密な構造解析に基づいたオーソドックスなSBDD に対する考え方は様々である。一方に過剰な期待があり、他方に 懐疑的な意見も少なくない。この研究会では、急展開するポストゲ ノム創薬の中で、SBDDはどのように生かされていくべきか、またど のような問題が現在あり、それをどのように解決すれば創薬に更に 貢献出来るか、について考えてみたい。今回は特に、核磁気共鳴 およびX線解析に話題を絞り、各講演者から最新の状況を伺うと 共に、それに基づいた議論をしてみたい。


日時:
2001年05月25日(金)13:00-18:00
場所:
日本化学会 化学会館501号室
世話人:
平山令明(東海大学)
演題:
1.  13:00-13:20
講演会に先立って
平山令明(東海大学) 
2.  13:20-14:00
「溶液および固体NMRで見えるもの」
岩下 孝((財)サントリー生物有機科学研究所)
3.  14:00-14:40
「2010年のSBDD」
伊藤 晋(中外製薬株式会社 富士御殿場研究所)

休憩 14:40-15:20

4.  15:20-16:00
「生体高分子構造解析を能率アップするためのソフトウェアパッケージについて」(仮題)
David Edwards (Molecular Simulations Inc.)
5. 16:00−16:30
「NMRによる生体高分子解析を支援するソフトウェア」
Carol Gorst (Molecular Simulations Inc.)
6.  16:00-16:40
「ポストゲノム時代の創薬」
松崎尹雄(三菱化学株式会社 横浜総合研究所)
討論  16:40-17:00

講演会参加資格:
CBI学会個人会員、法人会員の方、非営利研究機関研究者の方はどなたでも参 加できますが、資料の量が多い場合は500円ないし1000円程度の資料代を頂く 場合もありますので念のためご用意下さい。法人会員以外の法人からの参加希 望者は一人3000円の参加費が必要です。出席を希望される方は事前に必ず事務 局に連絡して御参加ください。

連絡先:
CBI研究会事務局
〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-3-16 イイダビル301号室
Tel:03-5491-5423
Fax:03-5491-5462
E-mail: cbistaff@cbi.or.jp