*** 第209回CBI研究講演会 ***

「ゲノム解析とインフォマティクス(Micro AI++計画のための特別セミナー)」

CBI学会ではゲノム解析の成果やマイクロアレイなどゲノム関連技術の長 足の進歩を医薬品の研究開発に応用するための緊急プロジェクト、 MicroAI++計画を準備しています。この計画との関係で、ゲノム解析の成果 を使いこなせる人材、特に若手研究者の短期育成の可能性を探っています。 第1回は東大医科研で開催され盛況でした。今回はその第2回目であり、ウ イルスや病原微生物に関連した最新の話題を紹介する。なお、藤理事の紹介 により、現在理研に滞在されているRenaud講師に医薬品開発や内分泌撹乱物 質問題でも注目されているエストロゲンなど核内受容体のモデリングの話も していただくこととした。会場の関係で開催趣旨に添った方を優先しますの で、事前にCBI学会事務局にお申し込み下さい。


日時:
2001年06月20日(水)13:00-18:00
場所:
東京医科歯科大学1号館9階
演題:
1.  13:30-14:30
「ゲノム配列の分子進化学的解析」
 遠藤俊徳(東京医科歯科大学 生命情報学) 
2.  14:45-15:45
「ウイルス遺伝子産物による細胞遺伝子の発現変化と転写ネットワーク解 析」
 山本典生(東京医科歯科大学 微生物学)
3.  16:00-17:00
「MRSAのゲノム解析」(仮題)
 平松啓一(順天堂大学 細菌学)
4.  17:00-18:00
「Ligand-dependent activation of transcription by nuclear receptors」
 Dr. Jean-Paul Renaud(Strasbourg 大学)

講演会参加資格:
出席を希望される方は事前に必ず事務局に連絡して御参加ください。CBI学 会の研究講演会への参加は原則会員であります。これまで、この規則をあま り厳格に適用してきませんでしたが、年次大会など活動が増大していること と、講演会への参加者が多くなってきましたことにより、この原則を適用せ ざるをえない状況になっています。つきましては、非営利機関からの参加者 も、できるだけ会員として登録(年会費は3,000円)していただくことにな りましたので、ご協力ください。なお、7月の年次大会 (http://www.cbi.or.jp/)の会員の事前登録参加費は2,000円ですので、で きれば5,000円ご用意いだたき、年次大会の事前登録もお済ませください。 ご協力よろしくお願いします。なお、学生方の参加は無料で す。

連絡先:
CBI学会事務局 セミナー受付
〒158-0097東京都世田谷区用賀4-3-16イイダビル301
TEL:03-5491-5423  FAX:03-5491-5462  E-mail:seminar@cbi.or.jp