***第255回CBI学会研究講演会のお知らせ***

「学際領域としての再生医療へのアプローチと倫理からの視点」


開催趣旨:伝統的な発生学をベースとした再生医療へのアプローチに加えて、最近では複数の学問の学際領域においてイノベーティブな成果がうまれています。本講演会ではそのような学際領域において、クリエイティブな仕事をされているお二人の先生方にご講演をお願いしました。一方再生医療は、遺伝子診断やヒトクローン問題などに代表される倫理的な問題に直面しています。今回は研究の視点に加えて倫理の視点からもお話を伺えるように、医療倫理問題に第一線で取り組まれている先生にもご講演をお願いしました。再生医療実用化に向けた国内外の産業界の取り組みや創薬とのかかわりもあわせてご紹介することで、再生医療の全体像を踏まえながら、皆様とともに再生医療のイノベーションおよび研究者にも重要な倫理に関して議論できればと考えております。

日時:2005年7月19日(火)13:10−17:30

場所:日本化学会 化学会館7Fホール
             東京都千代田区神田駿河台1-5(JRお茶の水駅下車、徒歩4分)

世話人:竹本佳弘(株式会社メディビック、株式会社SeedSeek)

プログラム

1.13:10−13:20
はじめに 世話人 
竹本佳弘(株式会社メディビック、株式会社SeedSeek)

2.13:20−14:20
「再生医療をめざす細胞マトリックス工学」
赤池敏宏(東京工業大学)

3.14:20−15:20
「細胞シ−ト工学による再生医療」
大和雅之(東京女子医科大学 先端生命医科学研究所)

<15:20−15:40 休憩>

4.15:40−16:10
「再生医療の産業化:国内外におけるアプローチ」
竹本佳弘(株式会社メディビック、株式会社SeedSeek)

5.16:10−17:10
「再生医療における倫理的問題」
斎藤加代子(東京女子医科大学 附属遺伝子医療センター)

6.17:10−17:30
総合討論

******************

講演会参加費: 
    法人賛助会員: 無料 
    個人会員(非営利):無料   個人会員(一般企業):\5,000 
    ビジター(非営利):\1,000   ビジター(一般企業):\10,000 

出席を希望される方は事前に必ずメールにて、(E-mail:seminar@cbi.or.jp事務局に連絡してください。

連絡先:CBI学会事務局 セミナー受付
            〒158-0097東京都世田谷区用賀4-3-16イイダビル301
            TEL:03-5491-5423  FAX:03-5491-5462  E-mail:seminar@cbi.or.jp