***第281回CBI学会研究講演会のお知らせ***

「骨粗鬆症の病態と治療薬の開発」


開催趣旨:加齢に伴い、骨関節疾患、運動器疾患の患者数は増加し、その対策が待ち望まれている。骨粗鬆症は、わが国には 1100万人の罹患者がおり、エストロゲン、SERM 、ビタミンD など核内受容体を介して働く治療薬や、ビスフォスフォネートなどが使用されているが、いまだ理想的な治療法とはいえず、病態の解明と創薬が進められている。今回の研究会では、骨粗鬆症と、関連する骨運動器疾患の現状と最新の話題に関して、臨床、基礎研究、創薬の立場から、著名な米国からのゲストもお招きし、専門家にご講演いただく。ここで示されるアプローチは他の生活習慣病の治療、予防にも応用できると考えられ、これらの話題に関心のある幅広い研究者の参加を期待する。

日時:2008年1月18日(金)13:00−17:00

場所:東京大学 山上会館 (東京都文京区本郷 7-3-1 )

世話人:井上聡(東京大学)、岡崎康司(埼玉医科大学)

プログラム

1. 13:00 開会の挨拶

2. 13:10〜13:45 
「骨粗鬆症治療薬の現状とその開発の展望」
  和田誠基(城西国際大学薬学部臨床医学講座)

3. 13:45〜14:35 
「ポストゲノムアプローチによる骨関節疾患の解析」
  浅原弘嗣(国立成育医療センター研究所 移植外科研究部)

<休憩 14:35〜14:55>

4. 14:55〜15:45 
「骨粗鬆症の病態と治療に関する最近の知見」
  池田恭治(国立長寿医療センター 研究所運動器疾患研究部)

5. 15:45〜16:45 
“Developing Innovative Therapeutics In Musculoskeletal Biology”
  Leonard P. Freedman(Women's Health and Musculoskeletal Biology, Wyeth Research, Collegeville, Pennsylvania)

******************

講演会参加費: 
    法人賛助会員: 無料 
    個人会員(非営利):無料   個人会員(一般企業):\5,000 
    ビジター(非営利):\1,000   ビジター(一般企業):\10,000 

出席を希望される方は事前に必ずメールにて、(E-mail:seminar@cbi.or.jp事務局に連絡してください。)

連絡先:CBI学会事務局 セミナー受付
            〒158-0097東京都世田谷区用賀4-3-16イイダビル301
            TEL:03-5491-5423  FAX:03-5491-5462  E-mail:seminar@cbi.or.jp


******************