***第300回CBI学会研究講演会のお知らせ***

「新思考による創薬の産学連係:それぞれの立場から」


開催趣旨:CBI学会は、設立30年の節目となる2010年を目前にした本年に入ってより、会の活動を抜本的に見直すための試みを開始した。その嚆矢となったのが、Workshop形式で開催された1月と3月の講演会(http://www.cbi.or.jp/cbi/seminar/2009.01.16.00.htmlhttp://www.cbi.or.jp/cbi/seminar/2009.03.12.00.html)であり、その中心議題は、創薬をめぐる産学連係である。もちろん、CBI学会の立場から、その焦点になるのは、計算創薬あるいはin Silico創薬とITによる創薬研究の支援である。この講演会では、これまでの議論を踏まえて、産学官およびNPOなど、それぞれの立場から、行動計画に結びつくような具体的な提言をいただくことを目的としている。今回は、とくに創薬Solution企業からの提言をお願いした。また平山講師には、アカデミア研究者としての具体的な挑戦課題についての提言をお願いしている。この講演会は前日(8月6日)の会合(http://www.cbi.or.jp/cbi/seminar/2009.08.06.00.html)と共に、300回を記念しCBI学会の新しい未来を語る特別な会でもある。幅広い関係者の参加を期待している。

日時:2009年8月7日(金)13:30−17:30

場所:東京大学山上会館大会議室
東京都文京区本郷 7-3-1

世話人:多田幸雄(東京大学)、神沼二眞

プログラム

13:30-14:00
基調提言:計算創薬研究者のCommunity構築
 神沼二眞

14:00-15:45
産学連係:Solution企業からの要望および提言
 小倉誠(富士通株式会社)
 佐藤智之(みずほ情報総研株式会社)
 川原弘三(株式会社ワールドフュージョン)

15:45-16:05 休憩

16:05-17:05
アカデミアにおけるin silico創薬への挑戦
 平山令明(東海大学)

17:05-17:35
パネル討議:産学官とNPO―新連係の可能性



******************

講演会参加費: 
    法人賛助会員: 無料 
    個人会員(非営利):無料   個人会員(一般企業):\5,000 
    ビジター(非営利):\1,000   ビジター(一般企業):\10,000 

出席を希望される方は事前に必ずメールにて、(E-mail:)事務局に連絡してください。

連絡先:CBI学会事務局 セミナー受付
            〒158-0097東京都世田谷区用賀4-3-16イイダビル301
            TEL:03-5491-5423  FAX:03-5491-5462  E-mail:


******************