日本薬学会第117年会情報薬学部会のご案内


1997年3月26日(水)より3日間開催された部会は好評裏に終了しました。 第118年会は1998年3月31日より3日間京都で開催される予定です。

3月26日13:00よりシンポジウム「これからの情報システム−より安全性の高い医薬品を求めて−」

オーガナイザー:宮城島利一、山崎幹夫

1 「はじめに」                    千葉大・薬  山崎幹夫

2 「医薬品のデータ・情報」      田辺製薬・東京業務部薬事部 宮城島利一

3 「医薬品開発の品質と安全性の確保のための情報システム」
                    山之内製薬・臨床情報担当   魚井 徹

4 「日本薬剤師会における医薬品情報活動」      日本薬剤師会  佐谷圭一

5 「医薬品の適正使用と安全情報の提供」    厚生省薬務局安全課
                       医薬品適正使用推進室  石井甲一

6 「これからの情報システム:医薬品の安全性から見た処方作成の支援情報の提供」
                       日本医薬情報センター  三宅浩之

3月27日13:00よりシンポジウム「生体の情報伝達」

オーガナイザー:寺田 弘

1 「はじめに」                    徳島大・薬  寺田 弘

2 「感覚器における情報伝達:分子識別機構から苦味抑制剤の開発へ」
                             北大・薬  栗原堅三

3 「細胞内情報伝達の動的追跡」       広島大・医総合薬学科 小沢孝一郎

4 「細胞内信号伝達系のデータベース化」         国立衛試 五十嵐貴子

5 「遺伝情報と病態発現の分子機構」          徳島大・薬  篠原康雄

6 「生体に学ぶ情報処理アルゴリズムとその応用」  豊橋技科大・工  高橋由雅

3月28日9:00よりワークショップ「ネットワーク新時代」

オーガナイザー:升島 努、原 昭二

1 「薬学会のネットワーク化とホームページ開設について」昭和大・薬  百瀬和享

2 「Javaってなあに?」   日本サンマイクロシステムズ(株)  北野啓介

3 「デジタルメデイア時代の到来と今後」 三洋電気(株)AV事業本部 森 栄孝

4 「イントラネットへの足掛り−研究室で立ち上げたWWWサーバー」
                            広島大・薬  大谷和弘
                                   山崎和夫
5 「インターネット国際会議を開いてみよう!」     北里大・薬  二村典行

6 「インターネットによる医薬品申請情報提供と啓蒙−FDAの戦略を例に−」
                            FDA    田村敦史
                              Henry J.Malinowski

PIA's Home Page.